FC2ブログ

Welcome to my blog

Passiveな投資とActiveな未来

インデックス運用を中心としたサボテン投資で活き活きとした未来を手に入れる。

ファイナンシャルインディペンデンスへの10項目

yb家はまだ家を買ったりはしていないものの、2018年4月末時点でファイナンシャルインディペンデンスの状態に到達しているものと考えています。ここに至るには、インデックス投資だけではなく、家計管理や現状比較的高い給与を会社から頂けていることも大きかったのではないかと思っています。偶然の部分も多々あるので、誰でもこうすればと言うものでもありませんが、ybが45歳でファイナンシャルインディペンデンスに到達すること...

とある企業型確定拠出年金の運用状況

妻が加入している企業型確定拠出年金の資産残高のお知らせがやってきました。この報告書からは自分の資産残高や利回りだけでなく、加入者全体のポートフォリオが確認することができます。妻のポートフォリオは外国株式インデックスファンド100%なのですが、加入者全体ではグラフの通りとのことです。by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー...

Save the date! - Indexing Night 2018 ( #インデックス投資ナイト )! (July 7, 2018)

Indexing Night 2018, the longest-running indexing event in Japan, will be held in Tokyo Culture-Culture, Shibuya on July 7, 2018!This hand-made event run by volunteer committee members is a kind of festival for index investor with fascinating talk and drinks.I am a member of the committee in this year, too! We are now planning some kind of fun event.Details such as event contents and ticketing wil...

2018年3月末のポートフォリオ

早いもので2018年も3ヶ月が経ちましたね。順調だった2016年後半からの相場も2018年に入ってから少し変調が見られていますね。当然相場は一本調子で上げ続けることはないでしょう。逆に言えば、下げ続ける相場もないでしょうね。そんな調整を迎えた相場の私のポートフォリオの公開です。2018年3月末のポートフォリオは下のようになっています。by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー...

ETF

SPY25〜米国でのETFの誕生から四半世紀

2018年1月28日、米国ではじめてのETF(上場投資信託)であるSPY(SPDR S&P500 ETF)がアメリカン証券取引所に上場されてから25周年を迎えました。おめでとうございます!...

2つの視点とぶれないスタンス

2月、立春をすぎてからマーケットが少し騒がしくなってきているみたいですね。ニュースなどでは「史上最大の下げ幅」「暴落」なんて文字が踊っていますが、実際的には下げ率では5%程度ですし、直近の高値からは10%程度下落している程度なんですよね。「実額」と「率」。この2つの視点を持っていないと不必要にジタバタしてしまいます。このあとどういう展開になっていくのかはわかりませんが、短期的にも長期的にもどっしりと構え...

つみたてNISA設定しました

タイミング投資がイヤという理由であまりうまく使えていなかったNISA。今年からはつみたてNISAがはじまり、タイミング投資の要素が薄れたので受け入れることができました。...

2017年末のyb家の家計チェック

yb家では7月頭と12月末の年2回、家計の棚卸しをしています。実額は出しませんが、比率や前年からの変化を見ていきますね。...

2017年末のポートフォリオ

2017年はマーケットは順調でしたね。2017年は年央に一度臨時リバランスを実施しましたが、年末のポートフォリオはどうなっているのでしょうか?見ていきたいと思います。年末のポートフォリオは以下の通りでした。by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー...

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もブログ「Passiveな投資とActiveな未来」をよろしくお願いいたします。昨年はトランプ問題や、北朝鮮問題などがありましたが、マーケットは気持ちが悪いほど順調な一年でした。こんな時ほど気を引き締めていかないといけないなと新年のはじめに自分に言い聞かせておきたいと思います。とは言え、インデックス投資家ができるのは、アセットアロケーションに従ってポートフォリオを保有し続け...